2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.10.25(水)

ポケモン、始めました。

こんばんわ。
妙に体調の悪いろじゃあ2世です。
やっとテストという名の悪夢から生還しましたよ。
そして、久しぶりの更新。
ま、実際は二週間前に書いた記事だったりするんですが。
 
 みんなぁ~~!!
 「ポケモン パール・ダイアモンド」買いましたか?
 僕は買いました。 友達から借金しまくって。
  「このろじゃあ2世の最も好きな事の一つは
   金を返してくれると思ってる奴に『NO!』と言ってやる事だ! 」
 
いやスイマセェン。 嘘です、ちゃんと返しますってば。


 それはそうとして、今回のポケモン面白いです。
 「画面の見やすさ」 や 「操作性の良さ」 だけでなく、オマケ要素がGOODです。
 ミニゲームだけに3時間以上かけて、
 手が痛くなるのは僕だけじゃないと信じたい。
   
 手~のひらを 太陽に 透かして見たら~♪
   やべぇ、妙に赤い…。



 話は変わって、ポケモンの醍醐味といえばもちろん「ニックネーム」!
 ポケモンの名前だけでなく、主人公とライバルの名前も決めれるのがポケモンの良い所。

 ・主人公の名前
 「まずは きみの なまえ を おしえてくれるかね?」
  フシンシャ(不審者) 
 「ほんとうに それで いいんじゃな?」
  はい
 「では きみの ライバルの なまえを おしえてくれるかな?」
  マハラジャ
 「ほんとうに それで いいんじゃな?」
  はい

 自宅で  :ママ「まぁ、不審者。」
友達と通信:ナレーター「不審者が ○○の ひみつきち にはいりました」
ライバル家:マハラジャママ「マハラジャが どこに いったか しらない?」
ジムの看板:「認定トレーナー 不審者 と マハラジャ」

 ってか「マハラジャ」って何だ。
スポンサーサイト
│posted at 20:07:42│ コメント 13件トラックバック 0件
2006.09.23(土)

文化祭レポート その3。

こんにちわ。
HTMLの勉強を理由にして、更新サボり気味のろじゃあ2世です。
そんな訳で、今日は一週間も前の文化祭について書かねばならぬのです。
もう、記憶の半分がロシア辺りに飛んでってますが
頑張って連れ戻したいと思います。
ではどうぞ。

 
一番印象に残ったこと
 それは…茶道部! もう一回言うよ…茶道部! ルルル♪…茶道部!
 これはヤバイ。冷や汗タラタラだった。
 お化け屋敷より怖かった! 申し訳ないけど(両方に)。
 友達と二人で茶道部室に行ったんですよ。
 僕しか食券を持ってなかったんですが、付き合ってもらって。
 そこで、惨劇は起こったのだ!!

 ①何か怪しい部屋に案内される。
  茶菓子だけもらって外で食べる、と思ってたので
  この時点でかなりデンジャラスな空気を感じとる僕達。
 
 ②僕達みたいな被害者お客さんが、背筋をピンと伸ばして厳粛に座っている。
  さらに、和服の茶道部員が無言の圧力。
  怖い。チビリそう。
 
 ③「お茶菓子」が三つと、「白い紙切れ」が出される。
  どうやら、この紙に菓子を載せて食べるらしい。
  そして他の人達はお茶菓子一つずつなのに、僕達には何故か三つ。
  何コレ?サービス? 無言で差し出す部員が怖い。
 
 ④「付いてきてくれた友人に二つ、僕が一つ」というベターな計画。
  とりあえず、僕が一つ食べる。
  お味はGOOD。 ただ、部員が怖い。
 
 ⑤いきなり、菓子の皿を引く部員A。
  一体なんだというんだ。トラップですか?
  友達も僕も、目が点。 
  部員Bは僕達を凝視。 恨みでも有るのか。
 
 ⑥どうやら、付き添いは食うなという事らしい。
  当たり前といえば、当たり前だが。
  というか二つ取っていたら、僕達はどうなっていたのか。
  想像するのも恐ろしい。
 
 ⑦知らないうちに、お茶が出現。
  さすが茶道部。素早い身のこなしには定評がある。(ウソ)
  周囲の人たちは、器をクルクル回している。
  僕達は、首を回して他の人を観察。
  茶道部員は、そんな挙動不審な僕達を観察。
  何なのだこの嫌なサイクル。抜け出したい。
  
 ⑧どうすればいいのか、結局分からなかった。
  しょうがないので普通に飲む。
  ズズッー。
  周りの視線が突き刺さる。 ろじゃあに20ダメージ。
  
 ⑨この後、どうすればいいのだ。
  非常に困る。
  しかも、友達は何も食べてないのだ。
  「申し訳ない、困る、怖い」の三重奏。
  茶道部は鬼か。鬼なのか。
  
 ⑩そそくさと退室。
  その時、僕は見たんだ。机の隅の方に置かれていたプリントを!
  「お茶菓子 と お茶 の召し上がり方」
 
 ⑪他の友達に、
  「茶道部に行ってみろよ。絶対おいしいって」
  と言いながら文化祭を回る。
  

 茶道部に関する文章だけで、妙に長くなってしまいました…。
 という訳で「その3」に続きます。たぶん。
│posted at 23:34:56│ コメント 17件トラックバック 0件
2006.09.19(火)

文化祭レポート その2。

こんばんわ。
素晴らしき体育大会のおかげで、非常に疲れさせていただいたろじゃあ2世です。
詳細は、また後日です。
あぁ、どんどんネタが溜まってくる…。
無ければ困るけど、有り過ぎても困る。まるで焼きソバの中の紅しょうがの様ですね。


今日は文化祭一日目の出来事ですよ。

・模擬店
僕らの学校は中高一貫なので
文化祭では「高校生のチャラチャラしたイカした兄ちゃん達」が模擬店をやってくれるんですね。
そんで、弁当を家に忘れたうっかりボーイ(僕ですね。)は、
そこで昼食をGETしなければならぬのですよ。
文化祭は体力勝負ですからね、頼むのはボリュームのありそうなラーメンです。

しかし、その選択が命取りだったのだ!

「僕は、あれをラーメンと認める訳にはいかない…。断固として。
 むしろ『ラメーン』。そう、あれは『ラメーン』だったんだよ!  」

みたいな味でした…。
簡単にいうと「食べてると 頭の中まで しょうゆ味」的な?
スイマセン、簡単に言えてないですね。そんな味。


バザー
買ってる時は、「何かスゴイ得した気分だぜ。」
買い終わったら「僕って買い物王じゃね? マジで。」
家に帰って   「うわぁ…。このお絵描きセットとか何に使うつもりだったんだよ、僕…
              電池式の小さいスタンドとか、使う機会無いよなぁ…。
               よく考えたら置く場所も無いしさ…。             」
        
            買い物は、計画的に。


中三演劇
これは面白かった!
今回の文化祭の企画の中で、最高でしたぜ!
以前、台本だけ読ませてもらった時はそれ程面白いと思わなかったけど
実際に見てみたら、心の底から笑わせてもらいました。

GOOD JOB! キャスト、スタッフのみんな!


まぁ、一日目はそんな感じでした。
ホントはもっと書きたいことが有るんですが、長くなりそうなのでこの辺で。

では。
│posted at 22:51:23│ コメント 5件トラックバック 0件
2006.09.18(月)

文化祭レポート その1。

こんばんわ。
明日が体育祭であるという、目の前に厳然と存在する事実に押しつぶされそうなろじゃあ2世です。
僕、一応体育祭の実行委員なんですけどね。
しかし、「出る競技がムカデ競争だけ」というクレイジーっぷり。
さらに、ムカデ競争と言いつつも「移動手段はジャンプ以外認めない」。
 「先生!ムカデは飛びませんよ!」


昨日と今日は文化祭でした。
結論から言えば、面白かったです。過去最高でした。

今年は、僕自身が何も文化祭に関わってないので純粋に楽しめました。
去年や一昨年は、学年演劇の主役みたいなのやった(強制)ので
どんな時でも、その日のステージの事が気になってましたからね。

今日はネタが多いので分割して書きますぜ。
文化祭=ネタの宝庫って事です。
│posted at 22:17:37│ コメント 5件トラックバック 0件
2006.09.16(土)

バームクーヘンの怪。

こんばんわ。
12時以降になって、やっとパソコンに触れるという異常な生活環境のせいで
身も心もグシャグシャというか、むしろネットリといった感じのろじゃあ2世です。
この頃は文化祭準備とか、塾とかで忙しいのですよ。うん。

今日は、塾の帰りに「くま副工場長さん」とか「A」とか「T」と喋りながら帰ってた訳ですよ。
ただ、今日はいつもに比べてみんなハイテンションでしたんで、
話がドンドン飛びまくりです。フライングです。陸上競技で2回やると失格ですよ。

野球に関する真面目(?)な話。
 消える魔球とか、消えない魔球とか、消えない魔球って既に魔球じゃないんじゃね?
 みたいな話。
            ↓
三色パンに関する話
 三色パンを四人で分けたらスゴイ事になる気がする、みたいな内容。
            ↓
バームクーヘンに関する話
 くま「バームクーヘンだったらさぁ、三等分してぇ
    一つを僕、二つ目をろじゃあ。三つ目をA。で、真ん中をT。
    ってすれば四等分できるじゃん!             」
  T「あぁ、そうだな…(上の空)」
  僕「いや、ゴメン。妙に盛り上がってるトコ悪いけど
    バームクーヘンは、   真ん中無いから。  」 
  T「うん、そうだな…(夢心地)」
  A「いや、それ以前に
    普通に半分に切って、それをまた半分に切ればよくね?」
│posted at 01:14:33│ コメント 7件トラックバック 0件
2006.09.05(火)

写生大会の思い出。

こんばんわ。
祖父の家にも新しいパソコンが入ったので、何かウハウハのろじゃあ2世です。
新しいパソコンって、特にやる事が無くてもとりあえずイジっておきたくなります


今日は写生大会が学校でありました。
僕が一年の中で最も嫌いな行事です。

しかし、去年は台風で潰れたので、無かったんですよ。
そんな訳で、小躍りでボーリング場まで遊びに行ったんですが
いつの間にか警報が解除されており、結果的にサボりになりました☆
その後、担任に叱られちゃった☆ テヘッ。(黙れ

ま、しかし行事が有るとネタには困りませんね

僕は一昨年の写生大会で、
栄誉ある 「学校中で最も描くのが遅かったで賞」 をGETしました。(たぶん)
何たって、三時間かけて描いたのが「棒(柱)」と「丸(たぶん時計)」だけ。
しかも両方とも一つずつ。
さらに鉛筆による下書きで。

今年は一昨年の二の舞になる事を避けるために
なるべく簡単な物を描こうとしたんですよ。
(まぁ、一昨年ほとんど描けなかったのは友達と鬼ごっこやってたからですが。)

それは「報恩感謝の塔」!

説明しよう!
報恩感謝の塔とは
何か構内の庭の芝生の中にポツンと立っている、よく分からない謎の建造物なのだ!


うん、描きましたよ。↓


レーザー砲が出ている!!!
塔から!!

説明しよう!
ろじゃあはこの「柱の継ぎ目」を描く時、妙に絵の具に水を含ませてしまい
その絵の具が氾濫したのだった!!


とても鬱ですね。
続き。≫
│posted at 22:11:06│ コメント 11件トラックバック 0件
2006.08.30(水)

温泉日和。

こんばんわ。
宿題の事が頭から離れてくれないろじゃあ2世です。
離れてくれないので、宿題の事を考えながら遊ぶ事にしました。
ダメですね。
バトンばっかやるのもアレなので、日記です。


今日は久しぶりに温泉に行ってきましたよ。
まぁ、「久しぶり」と言っても2週間ぶり位ですけど。
しかし、今日は新しい温泉なのだよ。

ホントは家族全員で出動するハズでしたが、

弟「メンドイ。胃が重い。」
僕「ソバでも食ってろ、ソバ男が。」

母と祖父母と僕で行く事になりました。

うん、かなりお湯が透き通っていて、中々の湯加減だった。
しかし、幼児が泳いでいる。スイスイと。ヒュイヒュイと。
泳ぐのが好きなのはいい事だ。元気があるのも、スゴクいい。
場所が温泉じゃなければ。
プール行け、プール。

顔に水がかかった時に、「うふぉあ」と叫んでしまった事は秘密です。

でも、僕が一番悲しかったことは彼の潜水が僕よりも上手かった事なのですよ。
│posted at 19:37:12│ コメント 6件トラックバック 0件
プロフィール

ろじゃあ2世

Author:ろじゃあ2世
口を開けば「眠い。」が口癖の中学生。
基本的に夜型。

 
今日の奇妙な一言。

「逆にサプライズ」という言葉は、なかなか奥が深いのですよ。

 
相互の申し込みとか。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。